ホーム  >  土佐れいほくエリア情報

土佐れいほくエリア情報

土佐れいほくエリア情報

Area Information

四国のまんなか「土佐れいほく」

土佐れいほくマップ

「れいほく」とは、高知県北部にある「本山(もとやま)町・大豊(おおとよ)町・土佐町・大川村」をさす、嶺北エリアのことです。吉野川が流れ、棚田をはじめとする里山の景観や生活文化が今も残っています。 この自然豊かなエリアは、アウトドアフィールドが充実しており、かつ、歴史や文化が色濃く残り、お米やお肉など美味しい食材も多いため、観光スポットとしても人気があります。

モンベルフレンドエリア 土佐れいほく

豊かな自然環境の中でアウトドア・アクティビティを楽しめる、モンベルおすすめのフィールド「フレンドエリア」。

土佐れいほくはモンベルフレンドエリアに登録されています。エリア内には、モンベルクラブ会員さまが割引などのご優待を受けられる「フレンドショップ」が多数集まり、地域ぐるみでみなさまのアウトドアライフをサポートします。 フレンドエリアにお出かけの際は、モンベルクラブ・メンバーズカードをお忘れなく。

モンベルフレンドエリア 土佐れいほくページへ

  • 本山町

    本山町

    日本で最も美しい水と緑、花と文化のまち

    季節の花々を楽しめる山や公園、弥生時代の形状を今に伝える棚田を抱く町。ウォーターアクティビティも盛んなアウトドア拠点です。

  • 土佐町

    土佐町

    水と森のふるさとへ 「水で活きる」まち

    吉野川の源流に位置する美しい自然を誇る町。東部にある早明浦ダムは西日本一の貯水量を誇り、人々の暮らしを支えています。

  • 大豊町

    大豊町

    四国のど真ん中、元気な山村

    あるがままの山村の日常の営み、生産の営みなど地域で培われてきた山の暮らしを体験。吉野川の激流はラフティングのメッカとしても人気のスポットです。

    (写真:ゆとりすとパークおおとよ)

  • 大川村

    ラフティング

    雲海に臨む、大自然とふれあえる天辺(てっぺん)の村

    離島を除けば日本最小人口の村。村を東西に横断する吉野川や石鎚山系に連なる山々は、自然体験を楽しませてくれます。

    (写真:自然王国 白滝の里)

観光情報

Tourist information

絶景の棚田風景

本山町 土佐町 大豊町

絶景の棚田風景

嶺北(れいほく)地域は古くから米づくりが盛んで、美しい棚田風景をあちこちで見ることができます。本山町の吉延・大石地区、土佐町の高須・相川・立割・溜井・伊勢地区、大豊町の穴内・八畝地区などの棚田には、田植え、稲刈りする風景をカメラに収めようと、県内外から写真愛好家が詰め掛けます。

 

 

汗見川渓谷

本山町

汗見川

吉野川の支流に位置する汗見川はとても透明度が高く、アユやアマゴの住む清流として知られています。数千年の歴史を刻み創り出された汗見川渓谷、1年を通して澄み渡る清流は訪れる人を飽きさせません。流域には県の天然記念物となっている枕状溶岩の露頭地もあり、地質学上でも貴重な場所となっています。春には岸ツツジが咲き誇り、秋には上流域を中心に紅葉も楽しめます。キャンプ場(白髪山ふれあいの村休養センター)も整備されており、夏には川遊びやキャンプ客などで賑わっています。

 

汗見川渓谷

本山町

帰全山公園

別名シャクナゲ公園と呼ばれるほど、園内一面にシャクナゲが広がります。ツツジ類も群生しており、花見客が多数訪れる公園です。また、野中家ゆかりの公園でもあり、園内には治水の神様と呼ばれた野中兼山の像が建立されています。

 

早明浦ダム

土佐町

早明浦ダム

西日本一の貯水容量を誇り、「四国の水がめ」として、多くの人々の暮らしや産業を支えるとともに流域の洪水被害も軽減しています。さめうら湖では、ウォータースポーツやスポーツフィッシングも楽しめます。

※湖面の利用は登録制です。詳しくは下記ウェブサイトをご確認ください。

NPO法人さめうらプロジェクト >

 

杉の大杉

大豊町

杉の大杉

日本一の大杉として名高い「杉の大杉」は、最古の昔に須佐之男命(すさのおみこと)が植えられたと伝えられる推定樹齢3000年の巨木です。この「杉の大杉」は、それぞれ南大杉、北大杉と呼ばれる二株の大杉からなっており、二株が根元で合着していることから、別名、夫婦杉とも呼ばれています。 南大杉は根元の周囲が約20m、樹高が約60mで、北大杉は根元の周囲が約16.5m、樹高が約57mあり、昭和27年に国の特別天然記念物に指定されました。深閑とした八坂神社の境内にどっしりと根をおろした大杉の下にたたずみ、そっと耳をすませば、3000年におよぶ太古からのはるかなる歴史の鼓動が聞こえてくるようです。

 

アメガエリの滝

土佐町

アメガエリの滝

早明浦ダム上流の瀬戸川は、ダム湖に流れ込む支流のひとつで、道は全線舗装されていますが、上流に行くにしたがって原生林が茂り、渓谷は美しさを増していきます。瀬戸川渓谷の中ほどにあるアメガエリの滝は、アマゴが上れずに引き返すほど迫力があるといわれています。滝の段差も見事で自然のアートセンスに驚かされます。アメガエリの滝から上流に向け、紅葉シーズンには格段に美しさが増します。

 

アメガエリの滝

大川村

小金滝

落差約100mを誇る四国最大級の滝で、水量の多い梅雨の時季や、紅葉が美しい秋が見頃です。下から仰ぎ見ただけでは、一部しか目に入りませんが、ダム湖を挟んだ対岸からは、その雄大な全景を見ることができます。

 

白髪山

本山町

白髪山

標高1470m、本山町を代表する山です。登山道には樹齢150年から200年のヒノキが林立し、山頂一帯には、白骨林と呼ばれる自然が創り出した絶景が登山者を待ち受けています。特に5月下旬から6月上旬のシャクナゲが咲く頃には多くの登山者で賑わいます。 登山口から頂上までは1時間半程度で登れます。

登山情報はこちら >

 

吉野川ラフティング

ラフティング(吉野川)

吉野川はラフティングのメッカとして人気があり、ガイドサービスも数多くあります。特に大豊町エリアは日本有数の激流ポイントとして知られ、ラフティングの醍醐味を味わうことができます。

ラフティング情報はこちら >

 

このページのトップへ